Tap to close

偏頭痛を起こしやすい生活習慣:こもれび整骨院

偏頭痛を起こしやすい生活習慣:こもれび整骨院

電話予約はこちら道案内はこちら

偏頭痛を起こしやすい生活習慣:こもれび整骨院

偏頭痛は、その原因の解明が、まだ明確にはなされていません。頭痛が起きている際には、薬を服用するなど、症状に対処す

ることが大切です。

 

しかし、頭痛が慢性的になっている場合、もしかしたら、生活のリズムが原因の場合も考えられます。

 

毎日バラバラの時間に眠るなど、不規則な生活を送ると、頭痛が慢性化してしまうことがあります。とくに昼夜が逆転するよ

うな生活を続けていると、脳が常に疲れてストレスが溜まります。すると、自律神経を狂わせ、機能を低下させてしまいま

す。

 

自律神経の機能が悪くなると、日常生活の中で、緊張と緩和の対処がうまくできなくなります。すると、眠る前のリラックス

すべきときに興奮しっぱなしになったり、朝シャキッと目がさめず、ベッドからおきあがれなくなったり、日常生活に支障を

きたしてしまうことになります。

 

緊張と緩和のバランスが取れず、体が緊張しっぱなしになると、肩こりなど体のこわばりなども招きやすくなり、そこから緊

張型頭痛を招いてしまうことが多くなります。そして緊張型頭痛が慢性化すると、緊張状態からすこしでもリラックスした際

に、血管が拡張した反動で、偏頭痛を引き起こしやすくなってしまいます。

 

このように、自律神経の調子を整えることは、頭痛を招きづらい体を作るためにも非常に大切なのです。

 

自律神経の乱れに心当たりがある方は、生活習慣、とくに睡眠を見直し、少しでも頭痛が起きにくい環境に整えることが大切

です。

 

睡眠は、時間の長さだけでなく、寝る時間帯も大切です。とくに夜22時から明け方3時までの5時間は、大人であっても成

長ホルモンが分泌される時間帯です。この時間帯に眠るようにできると、自律神経の働きも効率的に整えることができるでし

ょう。そして、朝目覚めたら日の光を浴びると、体が「朝になった」と認識し、きちんと目がさめるようになります。こうい

った、夜は眠り、朝は起きるという動作を習慣化することで、自律神経を回復させると、必要以上に緊張しない体を作ること

ができるのです。

 

ただし、十分な睡眠は大切ですが、過剰に睡眠をとるのは、頭痛によくないといされています。睡眠をとりすぎると、脳の血

管が必要以上に広がりやすくなり、結果、偏頭痛を招くと言われています。たとえば、休日などに「寝だめ」問いって、一日

ゴロゴロしてしまうことなどがありますが、生活のリズムも狂わせてしまうので、休みの日であっても、ウィークデーと同じ

ように、朝起きて夜眠り、適切な睡眠をとることが望ましいでしょう。

ご予約・お問い合わせ大分市賀来のこもれび整骨院

電話問合せはこちら

こもれび整骨院LINE@

ネット予約はこちら

こもれび整骨院営業時間