Tap to close

膝の炎症を抑えるには:こもれび整骨院

膝の炎症を抑えるには:こもれび整骨院

電話予約はこちら道案内はこちら

膝の炎症を抑えるには:こもれび整骨院

膝の痛みは炎症を緩和させることが大事

 

膝の炎症は、傷害や膝への負担が積み重なり、それによって軟骨がすり減り、そのかけらが膝関節

組織を刺激することで発生します。そして炎症が発生した部位には痛みが生じます。

 

膝は人の体を支える大事な部位なので、膝の痛みは日々の生活に支障をきたします。したがって、

膝の炎症を緩和させることは健やかな生活を送るのに必要だといえるでしょう。

炎症を緩和させる治療法

 

膝の痛みの主原因である炎症を緩和させるには、冷却療法と温熱療法が有効とされています。「冷

やす」と「温める」の二つをするというのは、一見矛盾しているかのようにも思われるかもしれま

せん。ただ、冷却療法・温熱療法を同時に行うというわけではなく、症状によって使い分けます。

 

痛みが強いときや腫れや熱があるときは冷却療法を行います。怪我をした時に患部を冷やすのと同

じことです。冷却療法は痛みの軽減・炎症の広がりを抑えるなどの効果があります。実際に冷やす

場合は氷や氷のう(=患部を冷やすのに用いるための袋)などを使います。

 

氷を直接当てると凍傷になるおそれがあるため、タオルなどを氷と患部の間に挟んで冷やします。

ただ、あまり冷やし過ぎるとかえって痛みを生じますので、腫れなどが引いてきたら温熱療法を行

いましょう。

 

温熱療法は血行不良により痛みが生じている際に行います。血行不良による痛みは「鈍い感じの長

期に渡る痛み」です。温熱療法には血行が促進し、発痛物質を取り除く効果があります。

 

家庭で温熱療法を行うには、お風呂に入る、カイロで温めるなどを行いましょう。ただ、患部を温

めた時に痛みが強くなる時は温熱療法を行ってはいけません。そのような場合は冷却療法を行うほ

うが良いとされています。

冷却療法・温熱療法を使い分け、膝の炎症を緩和させましょう

ご予約・お問い合わせ大分市賀来のこもれび整骨院

電話問合せはこちら

こもれび整骨院LINE@

ネット予約はこちら

こもれび整骨院営業時間